和解できるのか!?プロミスのグレーゾーン金利とはいったい何?

グレーゾーン金利は今から考えると後にできた言葉なのかもしれません。
利用している間にはそれがグレーゾーン金利であることを理解していなかった、それが正直なところではないでしょうか。
現在もプロミスだけではなく消費者金融全般が過払い金の返還請求に話し合いを設けて請求者に和解を得ながら過払い金を返還しています。

グレーゾーン金利とはそもそもなんであったのでしょうか。
現在はこのグレーゾーン金利は法律によって撤廃され、借り入れの上限金利は決まっています。
高いと言われる消費者金融の金利も、法律に基づいたものになっています。
金利の最大限は20.0%となっていますがそれは借り入れ金額10万円までの場合です。
100万円までは18.0%が上限金利となっており、それ以上の金額の時には上限金利は15.0%が上限となっています。
それ以上の金利をとることは法律によって許されていません。

現在でこそ金利はそのようになっていますが、かつてそのグレーゾーン金利が撤廃される前には上限金利を定める法律が二つありました。
利息制限法と出資法です。
それぞれに定める上限金利が違い、出資法では29.2%が上限金利となっていました。
本来であれば利息制限法の金利に従わなくてはならないものを出資法を使って金利を取っていた、つまり利息制限法で決められた上限金利と出資法で決められた上限金利、その間がグレーゾーン金利と言われている金利になるわけです。
http://pms-shinsa.info/